犬を飼う一人暮らしは心臓病のリスクが減る? | すぎうらペットクリニック

011-887-4880
アクセスマップを見る

36号線と滝野御陵線の交差点から御陵線を南西に200m

Informationいぬとねこのための情報

犬を飼う一人暮らしは心臓病のリスクが減る?

今朝の新聞によれば、「一人暮らしで犬と生活している人は心臓病や動脈硬化でなくなるリスクが大幅に減る」という報告が、スウェーデンの研究でみられたと、イギリスの科学雑誌で発表があったそうです。

 

犬と暮らしている人は、犬がいない人よりも心臓・血管の病気で死亡するリスクが36%低下し、家族と同居している人の15%低下よりもよりリスクが低下したようです。特にレトリバーやポインターなど(このあたりが外国っぽいですが)活発な狩猟犬を飼っている人ほどリスクが低くなるとのことです。

 

そもそも健康な人が活発な犬と生活しているいうことはあるかもしれませんが、たしかに犬といることで家の外に出る機会が増えたり、知らない人とも犬を通じて交流する機会が増えたりすることは健康面にメリットがありそうです。こうしたことが科学的に証明されるというのはいいものですね。

 

高齢になると、いずれ犬や猫の世話ができなくなることを心配してなかなか新しく家に迎え入れることができないという話も聞きますが、そうした点がうまく解消すれば生活のパートナーが居るというのはいいことなのですね。

いぬとねこのための情報一覧へ >