猫に穀物 | すぎうらペットクリニック

011-887-4880
アクセスマップを見る

36号線と滝野御陵線の交差点から御陵線を南西に200m

Informationいぬとねこのための情報

猫に穀物

猫に穀物を与えてはいけない、と言う極端な意見があります。

意見があります。インターネットでよく描かれているらしく、実際にどうなんだろうと言う相談を受けることが結構あります。

 

ペットフードを進めるホームページ等でも、肉食動物には肉だけあげればいいと言った極端なことが書いてあるものを見ることもありますね。

ペットフードを進めるホームページ等でも、肉食動物には肉だけあげればいいと言った極端なことが書いてあるものを見ることもありますね。

 

肉食動物が肉ばかり食べているかと言うと実際にはそうではなくて、草食動物の内臓(そこには穀物や草腸内細菌など含まれています) を食べることによって、必要な栄養を満たしています。ですから、肉食動物本来の食生活を送らせるためには、肉だけではなくて内臓やその内臓に含まれる食物残渣含めて一緒に食べさせる必要があります。

 

 

例えば猫であれば、丸ごとネズミを食べさせれば、本来の食生活に近いものになるのかもしれません。

 

一般的に、きちんとした会社が作っているペットフードは、そうしたものを使わなくても栄養バランスがきちんと満たされるようにできています。保存の問題やコストの問題で、その材料に穀物が使われる場合もあるでしょう。少なくとも穀物を食べることで健康を害すると言う明確な証拠はありません。

 

中途半端な情報に惑わされて、特別に変わったものを食べさせる必要は、通常の健康な猫に関してはありません。インターネット上の出所がはっきりしない情報を鵜呑みにする前に、買い方についてきちんと書いた本を読んでみるのが良いのではないでしょうか。わからないことがあれば病院にご相談下さい。

いぬとねこのための情報一覧へ >