歯の処置 | すぎうらペットクリニック

011-887-4880
アクセスマップを見る

36号線と滝野御陵線の交差点から御陵線を南西に200m

Informationいぬとねこのための情報

歯の処置

先日歯の治療をしたヨー・キーのMちゃん。

処置前はこんな感じ

 

 

 

 

 

 

どこがおかしいかわかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

ここですよ、ここ。この部分は犬の歯の中で最も割れやすい場所。しかも割れてもなかなか気づいてもらえなくて、時間が立ってから発見されることの多い場所です。

 

 

 

 

 

 

Mちゃんのこの歯は先端が欠けているだけでなく根元が縦割れしてしまっています。人間ならとても痛くて食事もできないと思いますが、犬では歯の根元の神経が人間よりも細いそうで、それなりに生活はできてしまいます。とは言えMちゃんはやはりこっちでものを食べるのを嫌がっていたようです。

残念ながら犬の歯がこうなってしまうと温存することは難しく、なおかつ(人間と違って)審美的に問題が出ることはないため、抜歯が第一選択となります(折れた直後の場合、折れ方によっては温存できる可能性もあります)。

 

 

 

 

 

 

Mちゃんの処置は無事に終了しました。

 

口の中のこの部位は、積極的に見ようとしないとなかなか確認できない場所です。歯磨きの習慣がある場合は比較的気づきやすいのですが、気づかないまま放置すると歯肉や顎骨のトラブルにつながります。またこの歯までは頑張ればみえるのですが、そのさらに奥にも歯があって歯周病を起こしやすい部位です。

普段から口の中を積極的に覗くようにしてあげてくださいね。

いぬとねこのための情報一覧へ >